フランス語試験

ゼロからのフランス語:TCF SOへの道 V

そして、やってきてしまいました。TCF本番。

ええ、3月19日です。

勉強始めたのは3月18日。(?!)

 

一夜漬け・・・・

 

でも、これは、ほら、勉強する前にどこがどれだけできないかを把握して

今後の勉強プランを考えるためのモノだから!

 

まっさらで受けたほうがいいから!

 

一応、一夜漬けをムダにしないように

知らない単語とかを単語帳に写して

行きの電車のなかでめくってみたりして・・・笑

 

字が汚いのは、ブログに載せるつもりなかったので、スミマセン。

 

でもこんな一夜漬けでも学生時代を思い出してちょっと楽しかったのです。

 

会場のinstitut françaisに到着してみると

同じテストを受けるのは他に若い女性がふたりだけでした。

 

教室に3人だけ・・・シーン。

 

しかもふたりともオシャレな感じで

いかにも、ここの生徒さんなんだろうなあと。

 

そうよね、普通、学校に通ってから受けるよね、とか

もうこんなアラフォーで仕事休んで平日にテスト受けてるひといないよね、とか

こころのなかで独り言をいいながら

PCに向かったのでした。

 

 

で、始まってみると、

テスト、模試よりぜんぜん難しい・・・!笑

 

リスニングも、TV5mondeの模試は、最初の5問くらいは写真がでてきて

その内容について話していることを聴く、というものだったのに対して

本番は最初の1問だけ。

あとは、ほとんどなにいってるかチンプンカンプンでした!笑

 

いやー、ヤバい、試験代のお金もったいなかったかも。。。と思うも

時はすでに遅し。

 

地獄の時間でした。笑

まあ、リスニングなんてぜんぜん勉強してないしね。

発音のルールも知らないくらいだから。

これから勉強しましょう!

 

そして、文法とリーディング。

これは多少自分のペースで進められるけど

やっぱり知らない単語が多くて難しい。

 

そうかー、TOEICも最初こんな感じだったなと思って

とにかくボキャブラリーを増やそうと思いました。

 

そうしたら、ある程度の点はとれるはず。

 

テストが終了すると、スタッフの方が簡易版の結果をプリントして渡してくれます。

結果はこちら。

 

 

チンプンカンプンだったリスニングはやっぱりA2(初級)で、

でも文法とリーディングが思ったよりもよくて

モチベーションが上がりました。

 

B1って、たしか中の上くらいだったはず・・・(ググってみました↓)

 

そうかそうか!では、やっぱり弱点はボキャブラリーとリスニングなのね。と思い

その教室を出た足で、institut françaisのなかにある書店で

問題集を買って帰りました。

 

目標は全体のレベルをB1に持っていくことです。

 

B1だと大学受験レベルに当たるらしいので、

多少、フランス語勉強してます、って

言えるかなと想像しています。

 

どれくらいかかるかわからないけど、がんばるぞー!

 

 

そのほかのTCFについての記事はこちら💕