パリ留学準備(住居探し編-2)ミラクル発動

(写真は前の記事と同じ、去年パリで借りたAirB&Bのお部屋のキッチン。

ちょっとしたお皿やコーヒーが置いてあってひとりには充分でした。

料理が好きだから、キッチンがあることが大事🎶)

パリ留学経験者のブログをみても

なかなか住居探しは大変みたい・・

これは現地についてから相当苦労するよね、

と、ネットをみてはため息。

そもそも普通の不動産屋さんでは外国人、しかも学生には貸してくれないだろうし

1年とかいう契約もないらしい。(数ヶ月のひとはどうするの?!)

フランスへいくモチベーションさえも

ちょっと下がりつつあって

その上、勇気をもって打ち明けた2人のお友達には

フランス留学自体、あまり芳しい反応をもらえなかった。

まぁ、いつものことだけどね・・・

なので、人を選んで打ち明けたつもりだったのだけど。

いままでは、ここでくじけてたよ。

2018年のわたしはちょっと違う!

とはいえ、

目の前のひとつひとつの課題が重い・・・

また悩み始め、準備も停滞し始めてたところ

最近お友達になったMちゃんが

会話のついでに、何の気なしに

「フランスが似合うよね🎶」って

いってくれたのです。

彼女はなにも知らないのに。

そこで、「実は留学の準備してるんだ」って勇気をもってうちあけてみた。

そうしたら

「いいじゃーん!絶対いいと思うそれ!

だってフランスにいるところ思い浮かぶもん」っていってくれた。

Mちゃんは普段からとっても前向きで

いつもキラキラをくれるお友達。

それと、いろいろなことでシンクロして、他人とは思えない。

(お洋服が被ってたり、LINEメッセージを送りあうタイミングが同時だったり)

そんなMちゃんが、前向きに受け止めてくれて

すごく嬉しかったです。

だけど、ミラクルはそれだけじゃなくて

なんと、Mちゃんのご親戚がパリにアパートを何部屋か持ってるから

空いてるかどうか聞いてみてくれるって。

「えええっ。いいの??本当に?なんか申し訳ない!」

と思ったけど、まぁ、変な時期だし

空いてないかもしれない。聞いてみるだけ聞いてみるねって

Mちゃんがご親戚に早速問い合わせてくれました。

ていうか、パリにアパートもってる親戚がいるんだMちゃん・・・

知らなかった・・・

格好よすぎる・・・

Mちゃんからすぐに連絡がきて

「ちょっと電話で話そう!」って。

お話を聞いてみたら、

やっぱりパリのアパートはすべて満室だって。

やっぱり、そうだよね。

でも、わざわざ聞いてくれてありがとう💕

その気持ちがとっても嬉しいよ🎶

と伝えたらその続きがありました。

『実は、親戚はパリ郊外に住んでいるのだけど

そのお庭に小屋があって今までAirB&Bで貸し出してたけど

ちょうど空いてるの。

住んでみる?』

って。

えっ。なにそのミラクルなお知らせ?!

お部屋の写真をみせてもらったら

とってもとってもかわいいお部屋で

しかも窓からはお庭が見えて

ご親戚も

「日本人の女の子ならウェルカム!」とおっしゃってくれてるらしい(涙)

(女の子じゃないけどごめんなさい)

賃貸料は予算より、200ユーロほどオーバーしていたけど

それを上回る、たくさんの魅力的なポイントがあって

普段はいろいろ考え込んでしまうわたしなのに

「このお部屋に住みたい!お願いします!!!」と

即、その場で回答しました。

気になるキッチンも、とってもしっかりしてる。

前回泊まったAirB&Bのお部屋↑の2倍はあるかな。

お料理教室が開けるくらい!

正直、パリでアパートを借りる、またはシェアするんだったら

キッチンは期待できないだろうな・・・

当分自炊はお預けかな、と悲しく思っていたので

そのお部屋のキッチンの写真も即決の理由のひとつ。

わたし、外国のスーパーで珍しい野菜や食材を買って

料理するのがなによりも楽しみなんです💕

ここに住むためにフランスにいくんじゃ?と思うくらい

かわいい理想のお部屋。

こんなに簡単にお部屋が決まってしまうなんて

やっぱり呼ばれてるよね、フランス?(←単純)

俄然やる気が戻ってきたのでした。

(実際に、パリでお部屋を見つけた方の情報を読んでいたら

口コミで見つけたという話が大半でした。

でもわたしはそれが期待できないから・・・と思っていたのに

ミラクルが起きて感動しています。涙)

コメントの入力は終了しました。