パリ留学準備(住居探し編-3)番外編

(写真は友人所有のRouenのお部屋)

今回はパリの学校に通うので

対象外だったのだけど

そもそも去年の夏休みにフランス滞在を考えていたときは

Rouenもいいなって考えてた。

友人がRouenに、家族所有のものも含めれたアパートを5部屋くらい

持っていて、

ちょうど空くからその1ヶ月700ユーロで貸してあげるよ。って

言われてたお部屋です。

(Rouenの駅から徒歩7分くらいの、クラシカルな外観のアパート)

結局、その部屋に住んでいた大学生が

直前になって契約延長を希望してきて

わたしが住むことは叶わず、

パリにAirB&Bを借りることにしたんだけど

週末にパリからRouenに遊びにいったときに

その大学生からの物件引渡しの立会いがあって

面白そうなので、一緒にいかせてもらいました。

(1Fのお部屋のドアを開けてすぐの風景。上にあがる階段と、床の模様が素敵。)

RouenはパリからSNCFという国鉄のような電車にのって

2時間くらい。

ちょうどいいかんじのサイズのかわいい街です。

ロフトがあったりして

すごくかわいいお部屋だった。

Furnished(家具付き)のお部屋じゃなかったので

写真ではガラーンとしてる。

でもわたしが住むんだったら、

お友達のマットレスや調理器具を持ち込んでくれるって

いってたから住んでみたかったな。

フランスでは家具付きのお部屋がほとんどなので

その点では助かる。

短期なのに家具とか、買い揃えられないもの・・・。

Rouenも好きな街。

Rouenを訪れたときのことも

近いうちに書きたいと思います。