パリ留学準備(キャンパスフランス編-6)もちっと修正しなはれ。

10日に学位とフランス語能力の項目を修正して

オンラインフォームを再度提出。

以前、「学校の選択を再検討しなさい」という指示がきて

それに対してメールを返信しているけれど、その件については

なんの音沙汰もない。

そして。

今日、またキャンパスフランスからメールがきた。

『フランス留学の動機:システム上のメッセージをご確認ください』

どっきーん!

もしかして、ただフランス語が話せるようになりたいという

わたしの浅はかな動機を隠すために

一生懸命徹夜で書いたモチベーションレターじゃ

クオリティが低すぎて

不合格ってことですか???

キャンパスフランスのサイトからログインして

メッセージを読みにいくと

9月7日に届いたのとまったく同じメッセージが

アカウントのメッセージ欄に届いていた。

これは・・・。

あの説明メールでは不十分ということか?

もうこれは、電話するしかない。

フランス、こわいけど・・・

きっと、すごく、気が強い、おねえさまがでてきて

むやみに怒られたりするんだろうなあ。

いやだなぁ。(なのでいままで電話しなかった)

と思いながら

会社を抜け出して電話してみる。

すると、思いもよらぬやさしそうな日本人女性の声。

「あのー、かくかくしかじかで、再考しろとことなので

メッセージにはすぐ返信したのですが

再度、Pendingのメッセージをいただいて

もしかして、キャンパスフランスから推薦されている学校でないと

ビザは下りないということでしょうか?」

(怯えているのでしどろもどろの説明をする)

女性は優しく辛抱強く最後まで聞いてくださり、

「いえ、それはないと思いますが・・・ちょっと確認してみますね」

で、

「ご連絡が届いていないようです」

なぜ?!と思ってよく聞いてみたら

『メールに返信』ではキャンパスフランスに届かないらしい。

キャンパスフランスの自分のアカウントにログインして

メッセージボックスからメッセージに返信

しないと、変身は届かない。

自分が登録したemailアドレスに届いたメッセージは

キャンパスフランスのアカウント内のメッセージボックスに届いた

メッセージの単なるコピー。

よく見たら

キャンパスフランスからのemailのアドレスは

ne-pas-repondre.rdv

となっていた・・・

よくある送信専用アドレスno-reply…ほにゃららの

フランス語版ではないか!

なんで気づかなかったのかしら。

そりゃあ、なんの反応もないわけだ。届いてないんだもん。

というわけで、自分のアカウントに改めてログインし

emailで返信した内容をそのままコピペして

メッセージボックスからキャンパスフランスに返信したところ

(このままの学校で手続きを進めたいと連絡したところ)

数時間後には

キャンパスフランスに提出したオンラインフォームの確認が

キチンとされました。

やっとひといき。